« 2008年 下期スケジュール | メイン | 真夏の御岳 8月16日 »

7/19~7/20 犀川ツアー

す、すみません。記事アップが遅れました。犀川ツアーのレポートです。

 

・出発 7月18日

20時に江戸川区を出発・・・するつもりが、なんだかんだあって結局21時になっちゃいました。

200807181.jpg

2台で出撃して、首都高→中央高速→長野道のつもりだったのですが、はぐれちゃって一台は関越に。ま、狭い日本、道路は繋がっているのでどこかで合えるでしょう。うーん、幹事のこの「ケ・セラ・セラ」が一番まずいか??

結局、現地には午前1時30分に出発組み全員無事に着いて、飲み始めました。 ・・・飲み終わりが午前6時。(私はつきあいきれず3時半で寝ましたが。)

200807182.jpg

本日の教訓:

お酒はその日に飲むだけ買いましょう。翌日の分を買ったって、どうせその日に飲んじゃうし。

 

・7月19日

今日は豊科運動公園→万水川→大王わさび園(休憩) 大王わさび園→万水川→犀川→龍門渕公園→犀川→中村マレットゴルフ場前) の予定。(初心者の人がいるので距離を短くしました。)

いつもの豊科運動公園から万水川にエントリ。去年と違いゆったりと・・・ありゃ、意外と流れが速いです。

200807190.jpg

途中で支流に入って大王わさび園で休憩っ!

200807191.jpg

例年通りわさびアイスを買って食べます。いつもは、「ん?わさび、どこ??」なんけど、今日のはえらくパンチが効いている。なんか嫌なことでもありましたか?売店のおねえさん??

 さて、再エントリして犀川へ。出口近くにエディがあったはずなので、そこに溜まって、初心者さんに注意をしようと下る・・・けど、やっぱ流れが速めだなぁ。

200807192.jpg

で、目的のエディに入って待っていると、初心者さんたちがやってきた・・・けどエディに入らず本流に向かう。おーい、こっちこっち。と言って戻れるはずも無く、あっという間に犀川へ、そして見事に沈。

ありゃー、読みが甘かった。

それにしても、本流も流れが速い。おまけに梓川、高瀬川の合流が重なるので流れがねじくれていて、エディも少ない。こりゃ、初心者向けじゃないな。

やがて皆再乗艇して、再度下り始める。は、早い。ものすごく早い。龍門渕の公園なんかとまってる暇が無い。(一応、とまったけど。)

そして、前にウェーブが見える。「わーい!」すんません。先頭を行く私は、後ろに初心者の人がいることも忘れて飛び込んでしまった。そして、ぐいーん、と下って後ろを見れば、やっぱり沈している。

ごめんんなさい、ごめんなさい。

おまけに、ベテランさんも助けようとして沈。4人ばかり艇を離れて流れている姿は面白い心が痛みました。

200807193.jpg

そんなことをしているうちにゴールは中村マレットゴルフ場。去年、テトラを作っていたので心配したが、無事上陸できました。私の師匠のNさん、なんが元気ないなー、と思っていたら、まだ酔いがさめていませんでしたか。そりゃそうだ。朝6時まで飲んでりゃ・・・。

その後、長嶺荘でお風呂のあと買い出しして、ロッジに帰る。 晩御飯をつくって宴会・・今日はお酒がなくなった1時半でうたげは終わった。らしい・・・私は台所で寝てました。

200807194.jpg

・7月20日

旧八坂村の八坂村さざなみ荘から大原橋のルート。途中、おいしそうな瀬もあったけど、初心者さんの事も考えて、マイルドルート。

200807201.jpg

だけど、流れが速いので休まず一気に降りてしまった。すんません。もうちょっと休み休み行けば良かった。

200807202.jpg

上陸後、撤収して上田に・・・行くつもりが長野に出ちまった。

高速使って上田に戻り、おそばやの草笛に。

200807203.jpg

ここを皆に案内することが目的のひとつだった。(上田にちょっと住んでたこともあって)その後、これも私が住んでいた田中駅の近くのお風呂とお菓子屋(花岡)によって帰京。

いかがでしたでしょうか。ツアーリーダの腕前がいまいちでしたが、これに懲りず、よろしくお願いいたしまする。 (文責 幹事・松島)

About

2008年08月26日 23:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2008年 下期スケジュール」です。

次の投稿は「真夏の御岳 8月16日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34